退職願・退職届・辞表の違い

退職勧奨を受けて不安になっている方も
いらっしゃるかと思いますが、
会社の辞めどきと捉えて、
会社は辞めるには、どうしたらよいか?
と考えていらっしゃる方もいるかと思います。

会社を辞めるには、
もちろん書類上の手続きが必要になります。
その際に良く聞く言葉として
退職願・退職届・辞表
出さないといけませんが、
書いたこともない方も多いかと思います

「退職届け退職願い」どう違うの?
と思われる方もいらっしゃると思いますので、
まずは退職願・退職届・辞表
説明をしたいかと思います。
この3つは似ているようで全く違いますので、
注意しましょう。

【退職願(たいしょくねがい)】
退職願とは「会社を辞めたい」と
会社の指示や命令(会社都合)ではなく、
自分の意志会社を辞めるときに、
会社に提出する相談書類のことをさします。

故に会社都合になる
退職勧奨(たいしょくかんしょう)等の際は、
退職願は書く必要がありません。
自分から「会社を辞めたい!」という
意志がある方が書くものです。

【退職届(たいしょくとどけ)】
退職届とは会社から「辞めてほしい」と
希望退職・退職勧奨を受けたり、会社を解雇されたり、
辞めてもらう際、解雇する際に
会社から依頼されて書くものです。

リストラ退職勧奨時に各書類は
こちらになります。
退職願は「退職を願い出る書類」ですが、
退職届は「退職を届け出る書類」になります。

つまりは退職願は
「○月×日に退職したいと思います」という願書で、
退職届は「○月×日に退職いたします」
という書類になります。

【辞表(じひょう)】
一般にはこの場合の辞表
退職願または退職届に相当します。
しかしながら、一般的に辞表は書きません。
なぜなら、辞表を書く方は、
役員か取締役の方だけです。
一般職の方は書きません。

テレビドラマなどでは「辞表」を
上司に提出することが多いですが、
「辞表」を出すのは、取締役などの
会社運営に関わる重役公務員だけですので、
注意しましょう。

故に退職勧奨で辞められる方は、
「退職届(たいしょくとどけ)」を出しましょう。

では次項に関しましては、
実際に退職届に内容をどう書くのか
見ていこうと思います。


関連記事

記事一覧

全国の労働組合一覧

全国の労働組合を各県毎にまとめました。

退職勧奨通知書がきたらどうしたら…一体誰に相談すればいいんだろう…公務員もあるの?などなど色々と書いていきます。どうしても分からない時は弁護士の先生などに相談してみるのも大事です。 語っていきます。

Copyright© 2013 退職勧奨にあっても負けない! All Rights Reserved.