「内容証明郵便」を自分で作ってみよう!

退職勧奨を受けて不安になっている方も
いらっしゃるかと思いますが、
会社の辞めどきと捉えて、
会社は辞めるには、どうしたらよいか?
と考えていらっしゃる方もいるかと思います。

前回は退職勧奨拒否する意思として、
内容証明郵便を上手く使おうということを
書かせて頂きました。
(退職勧奨の強いミカタ「内容証明郵便」利用法)

内容証明郵便を作る際は、
ワープロ打ち、手書き、どちらでも作成可能です。
ただし、書面1枚に書くことのできる
文字数には制限があります。

さらに言えば、枚数を増やすことは可能ですが、
その分、郵便代がかかることになりますので、
できるだけ簡潔な文面を心がけましょう。

横書きの場合は1行13文字以内、1枚40行以内。
もしくは1行26文字以内、1行20行以内。
縦書きの場合は1行20文字以内、1枚26行以内です。

使える文字は、仮名、漢字、数字、一般に使用される記号、
英字は固有名詞のみとされています。
英文の内容証明は出来ませんので注意しましょう。
『 、  。  (  )  「  」  』
のような句読点や括弧はそれぞれ1字として扱います。

内容証明郵便最低3部作成しなければなりません。
実際に送る1部、郵便局が保管する1部、
そして自分自身が保管する1部で計3部です。
書面の最後に、差出人の住所・氏名、
受取人の住所・氏名を書きます。

この書類が出来たら、
郵便局に持っていく際にいるものは、
【封筒】【判子(認印)】【ホッチキス】がいります。

封筒に書類を入れて持っていきますが、
【絶対に封をしないでください】
郵便局員の方が内容を確認しますので、
封をしたらダメです。

また郵便局員の方に
「内容証明、配達証明配達にしてください」
言いましょう。

内容証明配達」だけでなく、
「配達証明」も付けて送るようにしましょう。

内容証明郵便を発送する時は、
内容証明郵便だけで満足してはいけません。
必ず、配達証明を付けてください。
郵便局で内容証明郵便の発送
依頼しただけでは配達証明は付きません

内容証明配達証明は、
いずれも証拠を残すということが目的ですが、
それぞれ役割が違うので、
この2つに合わさって企業(会社)に送る際も
大きな証拠になります。

ぜひとも、会社に内容証明郵便で、
プレッシャーをかけて、
退職勧奨を拒否してみましょう。


関連記事

記事一覧

全国の労働組合一覧

全国の労働組合を各県毎にまとめました。

退職勧奨通知書がきたらどうしたら…一体誰に相談すればいいんだろう…公務員もあるの?などなど色々と書いていきます。どうしても分からない時は弁護士の先生などに相談してみるのも大事です。 語っていきます。

Copyright© 2013 退職勧奨にあっても負けない! All Rights Reserved.