会社都合の退社は再就職に不利?自己都合退社を迫る企業の裏事情とは?

退職勧奨をしてこられる会社の中には、
「自己都合退職」「会社都合退職」について、
こだわっている企業(会社)もあります。

会社を退職するときは
大きく分けると2つの退職があります。
1つが「自己都合退職」
もう1つが「会社都合退職」です。

そして、退職する際
圧倒的に有利なのは
「会社都合退職」の方です。

会社都合による退職の場合、
失業手当(失業保険)の待遇でも、
再就職時の相手への印象でも、
会社都合の退職の方が、
非常に有利です。

しかしながら、会社側は本来は、
会社都合で解雇する際は、
余程のことがない限り
法律上、認めていないため
会社都合による解雇を非常に嫌います

そのために、上司が退職勧奨
をしてくる際に、

「このままだと会社都合での解雇になるよ?
もしそうなると、君の再就職にも響くし、
自己都合で退職した方が君のためだよ。」

と平気で言ってこられる企業があります。
会社側からすると退職勧奨を断られても、
法律上、解雇することは出来ません

ですので、あたかも「解雇できるぞ」
そう言ってプレッシャーを
かけてきますが、所詮はハッタリです。

会社都合で退職届を書いていたりすると、
自己都合で辞めたように書いてくれ」と
退職の理由都合まで
書き直される時もあります。

ですが、実際には今の日本の法律上
退職を強要させることは出来ません。
仮にやると違法行為になります。

会社都合退職の方が次の就職でも、
雇用保険関連のことでも、
非常に有利になりますので、

「自己都合で退職した方が君のためだよ。」

という上司の言葉は無視して、
退職勧奨を断ったり、会社都合でやめられるように、
交渉していきましょう。

では次項につきましては、
実際に会社都合で辞める際は、どのような利点があるのか、
詳しく見ていきたいと思います。


関連記事

記事一覧

全国の労働組合一覧

全国の労働組合を各県毎にまとめました。

退職勧奨通知書がきたらどうしたら…一体誰に相談すればいいんだろう…公務員もあるの?などなど色々と書いていきます。どうしても分からない時は弁護士の先生などに相談してみるのも大事です。 語っていきます。

Copyright© 2013 退職勧奨にあっても負けない! All Rights Reserved.