何で会社は会社都合退職にしてくれないのか?

退職勧奨をしてこられる会社の中には、
「自己都合退職」「会社都合退職」について、
こだわっている企業(会社)もあります。

雇用者に有利な会社都合退職を、
企業は素直に受け入れてくれない強い傾向があります。
実際に会社都合にも関わらず
自己都合で退職させようとする企業も多かったりします。

退職勧奨で退職の強要をしてきたとしても、
失業保険を貰う際に「自己都合で辞めていること」に
されていたり、会社都合の解雇は企業も
避けたがる傾向があります。

これにはいくつかの理由がありますが、
会社都合のリストラなどが行われると、
助成金補助金がストップしたり、
企業のイメージダウンに繋がりますので、

このような会社都合で退職するのか
自己都合で退職するのかで揉めて、
労働トラブル(解雇問題)が起こりがちです。

会社は社員を解雇するのは簡単ではありません。
そのためにいろいろと、この手あの手で、
会社から解雇という形ではなく
自己退職を促そうとします。

ですが、仮に会社都合で解雇だというのに、
自己都合にされた場合でも、
残業時間が規定外でサービス残業があったり、
就職時の説明と仕事内容が異なったりした場合も、
ハローワーク「会社都合」と見なしてくれます。

会社に不信感を抱くならば、
闘う姿勢でハローワークに相談してみましょう。
解雇を強要されたりすると、違法ですので、
相談できる時に相談しましょう。

ハローワークに自己都合退職
会社都合退職にする際は、
ちょっとした条件がいくつかありますが、
条件さえ満たせば、
自己都合退職会社都合退職
変更も出来ますので、そのための条件は
予備知識として勉強しておきましょう。

次項に関しては、
この自己都合退職を会社都合退職に変えるための条件
書いていこうと思います。


関連記事

記事一覧

全国の労働組合一覧

全国の労働組合を各県毎にまとめました。

退職勧奨通知書がきたらどうしたら…一体誰に相談すればいいんだろう…公務員もあるの?などなど色々と書いていきます。どうしても分からない時は弁護士の先生などに相談してみるのも大事です。 語っていきます。

Copyright© 2013 退職勧奨にあっても負けない! All Rights Reserved.